人生に行き詰ったとき、海外学生ボランティアに

自分は何のために生きているのか、これからどうなっていくのか答えのない答えを求めて自問自答するというのが若いというものです。モヤモヤしたものを抱えて日常を送るのなら、パーッと海外にでも旅立ちませんか。海外学生ボランティアなんかに参加してみると、いかに自分がちっぽけなことで悩んでいたのかと馬鹿らしくなるかもしれません。色々考えているうちは、自分の中だけで考えているに過ぎないのです。全く関係がなさそうなことでも、いつもとは違った環境に身を置くと見えてくるものってあるんですよね。不思議なことに。

 

海外学生ボランティアで何か違った世界が見えるかも

 

そして、悩むということは余裕があるということなのかもしれません。体を動かしてボランティアしている間はきっと悩んでなどいられないから。